涙が出そうなほど・・風俗嬢とサラリーマンの小さな物語です

前回に引き続き「涙が出そうな・・風俗嬢とサラリーマン」

 

風俗嬢に関わる体験は、

物語のようなとこがありますね~ぇ

 

 

 

 

「アヤナ」ちゃんが立っていました。

 

正直、自分の目を疑いました。まさか!!と「夢?」とも思いました。

 

 

とりあえず、部屋の中に案内をしてソファーに座ってもらいました。

 

「恋焦がれていた女性がなんとデリヘル嬢に!!」

 

財布の中身を確認していつもは90分でしたが有り金、全部6万円ちょっとあったので180分のコースに変更をしたいと店に電話したらOKだったので、嬉しくなってしまいました。

彼女と会話をするうちにどうしても、理由が聞きたかったのですがそこはやはり「何で風俗に?」とは聞けないです。

「タブーですから」。

 

彼女からです。

「どうしてもお金が必要になってしまい期間を決めて仕方がなく風俗にした」と。

私は思い口にしました。

 

「正直その当時の気持ちだったら用意できる金額まら用意したのに・・・言ってくれれば・・・」

 

 

 

彼女は、「〇〇さんには絶対に言えないですよ。良くしてもらってたから」

 

「あともう少しで目標額になるから辞めるよ」って。

 

「また店に戻るよ」

 

「戻ったらまた来て欲しいです」

 

って。

 

 

と、言うが果たして店に行くか分からない自分がいました。

なぜなら、今ここに「風俗嬢」として目の前にいるので、すること(Hなこと)をしたら熱が上がるとは思わないからです。

 

 

そこからは、

いつもようにシャワーに・・・。

 

やはり、「恋焦がれていた女性が裸で・・」

元気いっぱいでした。

心身共に、元気いっぱいでした。

 

大好きな、「アヤナちゃんを自由にできたから」

ベッドの上には裸の「アヤナちゃんが、」

「手のひらに収まりが良いオッパイが、」

「スベスベの白い肌が、」

「可愛らしい喘ぎ声が、」

「大好きだった美脚が、」そんな「アヤナちゃんとHまでできるなんて、」

「激しく乱れたアヤナちゃんが、」

 

 

自分の目の前にいました。

 

180分がとても短く感じました。

お金があったならもう180分の延長もしたいくらいでした。

アイスコーヒーを飲みながら、自分の気持ちを素直につたえました。

 

「ずっと想っていました、風俗の仕事の事は何も言えませんが、アヤナちゃんさえ良ければお付き合いをしたい」と。

 

 

彼女は下を向き、「少し考えたい」と言い黙ってしまいました。

 

 

で、時間になってしまいました。

「LINEでもいいから連絡してほしい」と伝えその日は別れました。

 

 

帰った後も私の頭の中はいっぱいでした。

出会ってからの記憶がよみがえり今でも好きと言う気持ちで。

 

 

来ました!!!「LINEが」

 

内容は、・・・・

 

「ゴメンナサイ」

 

「急に店を辞めてしまい、連絡しないで音信不通になってしまし本当にゴメンナサイ」

 

「お金まで・・・用意するって聞いてなんか悲しくなっちゃって」

 

「〇〇さんはずっと私の事を思っていてくれたと知って昨日は部屋でないちゃいました」

 

「風俗は辞めるけど」

 

「こんな私で、風俗をしてる私でいいですか?」

 

 

と、長々とメッセージがきました。

私は一言、「いいよ」とLINEしました。

 

 

それから、1週間後には彼女は風俗の仕事を辞め、私が通っていたクラブへと戻りました。

今では、お店にはあまり行くことはなくなりましたが、休日には二人でデートをしています。

良い関係になれました。

 

 

こんな嘘みたいな話ですが事実です。ですからあきらめないで欲しいです

キャバ嬢(キャスト)、ホステス、に恋したおじさん達には!!

 

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

と、ハッピーエンドになったようですが、その後はどうなんでしょうか?

一度、風俗業界で高収入を得た彼女は・・・

さらに、「元風俗の仕事をしてたこと知った彼は」

 

その後気になりますね。コメントをお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

今までつぎ込んだ!!お気にが!!・・ドアを開けたら立っていた!

先日コメントを頂いた大阪市中央区在住の投稿者Kさん39歳さんからの体験談を紹介です。

 

まずはタイトルでビックリ!!です

 

「今までつぎ込んだのに!!

お気にが!!・・ドアを開けたら立っていた!」

 

 

ん?!なに~!「ドアを開けたら立っていた!」 ?この文節だけでも怖い体験談でしょうか?

上から順コメントに目を通しました。

さすがコメントをするくらいのビックリ体験です。

 

はじまりはこうです。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

私は、大阪市中央区在住の39歳×1独身です。

7年ほど前に離婚。彼女がいた時もありましたが、今はいません。

毎晩、一人寝です。

営業の仕事柄、接待が多く若い時からよく飲みに出ていました。

 

現在も、宗右衛門町にあるラウンジに月に2~3回は個人的に通っています。

 

仕事でも何回かは利用しています。この店に通い始めて1年近くになると思いますが、通い始めて4か月後くらいに、

目が点(俺好み)になるようなホステスが入店してきました。

 

 

源氏名が「アヤナ」ちゃん年齢は自称27歳、京都出身で当時は会社(OL)を辞めた後、水商売の道へと進んできました。

 

全体的な雰囲気は、モデルの「大石絵里」ちゃん似

 

 

 

もう少しだけ丸顔かも・・?

身長は 165cmと長身で3サイズはたぶん Dカップくらい意外とお尻は小さめでなんと言ってもドレスから見えるあの美脚は最高でした。

 

 

ホントにいい女そのもでした。

とても人懐っこくて、すぐ笑い。

いつも目はウルウルした感じで。魅力的でした。

 

「こんな女性が彼女になってくれたらどんなに幸せだろうと」顔を見るたびに思っていました。

 

当然、店に行ったら必ず指名です。延長も必ずです。

なんとか仲良くなって、同伴出勤までは。軽い食事とかカフェなんかに行ってました。

 

 

 

その後は、何度も店に行き指名を重ねて「休みの日にデート」にと何度も誘っていましたが結果はダメでした。( 一一)

 

通い始めて半年。

随分とお金を使ってしまい、そろそろ通うのも諦めようと思ってた頃、急に「アヤナ」ちゃんの出勤がなくなってしまいました。

 

LINEで連絡すれば返事は帰ってくるが、お店には出ないと。

 

「もしかしたら違う店に?」とも考えましたが、LINEはOKだし・・・(;^ω^)

「店を変えたならそっちの店に行けば会えるし・・・」(;^ω^)

と、色々考えてました。

 

そのうちにLINEの返事も徐々に減り・・・・自然消滅状態に・・・。

「諦めました。」正直に言うと「諦めることは難しかったですが連絡が途絶えから仕方がない」と。

 

逢えなくなって2か月が経った。

 

初夏を感じる7月に「事件が!!」

独り身になってから月に1度は風俗(デリヘル)でも遊んでいました。

 

利用する店は同じところばかりです。

何度か利用しているうちに信用出来る店になったのであえて他の店を利用しようとは思いませんし、スタッフさんが紹介してくれる子で十分に満足もしていたので。

 

7月某日(土曜日の20時頃)に利用しているデリヘル店から着信が。

 

電話に出てみると、何度か対応してくれていたスタッフさんでした。

話を聞いてみると、「〇〇様にどうしても紹介したい女性が入店したので是非にと思い・・・」

との事でした。

 

 

私の記憶では初めての事でした。デリヘル店から営業電話があるなんて。

まぁ~私もそろそろ遊びたいと思っていたのでスタッフさんの言うがままに予約をしました。

いつも90分コースで35,000円とちょっと高めですが、いつも満足できるレベルの女性達で、「失敗」と思った事が無かったから安心はしていました。

 

 

待つこと、1時間程。

予約の時間に。21時です。チャイムが鳴りました。

 

 

「デリヘルだ」と思い玄関へ

 

行きドアを開けるとそこにはな・なんと!ずっと恋焦がれていて音信不通になったあのホステスが・・・

 

 

 

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

と、なんか~ぁ!涙が出るようなたいけんですね~ぇ!!

 

読んでる私も嬉しくなっちゃいました!!

 

世間ではこんな出来事があるんですね?

 

男と女は。