見てしまった!!元カノが秘密にしてた過去はデリヘル嬢だった

こんにちは、

タイトルにもありますが、「現彼女」「元彼女」が秘密にしていた過去が暴かれた事をテーマに一言です。

ある統計がありました。

 

 

男も女も、誰もが1個や2個は秘密を抱えていると思います。

その中でも、

 

「男が彼女に求める、絶対に聞きたくないランキング」です。

 

以前は、彼女が彼氏の携帯を見た!

今ではスマホの中をなかなか見れませんが・・・

 

5 位 ☛ 小学校・中学校・高校・大学と在学中に「いじめに関与していた」

答え:人間性を疑い嫌悪感がでる。

 

4 位 ☛  不倫で中絶の過去がある

答え:百歩譲って、不倫経験は理解しても中絶の過去は聞きたくない。

 

3 位 ☛ 風俗(ソープランドに限る)で働いていた過去がある。

答え:ここ大阪では、神戸・大津のソープランド以上に飛田新地(大阪市西成区)、松島新地(大阪市西区)、今里新地(大阪市生野区)、信太山新地(大阪府和泉市)、滝井新地(大阪府守口市)、かんなみ新地(兵庫県尼崎市)が嫌がられる。

 

見てしまった!!元カノが秘密にしてた過去はデリヘル嬢だった1124-7

 

2 位 ☛ セフレ(数人)がいた

答え:「誘われたら肉体関係?軽い女なのか?」風俗嬢より嫌悪感がある。

 

1 位 ☛ AV(アダルト)に出演

答え:「俺が死ぬまで絶対に秘密にしていて欲しい」

※今はネット動画あるので安易に彼氏とのスマホでSEXシーンも要注意。(今後、自分でほぼ削除は無理)

 

彼女が、以上のランキングの過去があったなら彼氏は「心を一瞬で冷めさせてしまうかもしれません」

ただし、このご時世に一つだけ特別枠が・・・・。

 

それは、「風俗嬢の経験がある(ソープ・新地以外に限る)です」

なぜなら、あまりにも身近過ぎるからです。

 

逆に、「風俗遊びをして知り合ったデリヘル嬢が彼女になった」とよく聞きますし、「奥さんになったのは少ないですが・・・。」

 

見てしまった!!元カノが秘密にしてた過去はデリヘル嬢だった1124-5

 

風俗嬢をした理由によるようです。

 

例えば、「アルバイト?」

・「どうしても近日中にお金が必要」で、やっていた女性も少なくはないです。

・「若いうちに叶えたい目標があって」

・「自分のお店が欲しくて」、とお金を貯めて、頑張っている人です。

・「家庭の事情で」、どうしても、お金が必要だった人達です。

 

このように明確な理由があれば「風俗嬢は許す範囲になる」という事です。

 

ここで過去に風俗嬢として収入を得ていたが後悔していると言う意見が。

・身元バレして、取り返しがつかない事になった。

・仲の良い友人達とお金の価値観が変わってしまい多くの友人を失った。

・自分の体の貞操観念。

見てしまった!!元カノが秘密にしてた過去はデリヘル嬢だった1124-4

 

・自分に対する自信を失った。

・風俗嬢という底辺を経験した負い目。(将来の旦那さんへ対して)

・人(性格)が変わったように元気がなくなった。

・風俗やらなかったら、どんな人生だったのだろう。

など、色んな感情が沸いて出ているようですね。

現状を改善したいという気持ちで風俗業界へ飛び込んでしまった彼女たちは「後悔している」が多くを占めています。

また逆に、

 

風俗嬢を経験して得たものは?

 

 

見てしまった!!元カノが秘密にしてた過去はデリヘル嬢だった1124-6

 

「天職?」「高収入?」

・経済的な余裕お金です。お金にゆとりが出て気が楽になった。

・自然に相手(男性)の心読める能力が備わった。現職場で活用している

・自由な時間が思った以上にできた自分の好きな事に時間をさける。

・幅広い人脈ができた。(特例ですが玉の輿に乗れた)

・男性が喜ぶ女性としての振舞い方。

・心の強さ(嫌な場面を数多く経験して耐えることを学んだ)

・今まで以上に意識するようになった「美意識」

 

 

と、喜ばしい限りです。

 

 

「後悔先に立たず」ですが、過去のいろんな経験があって「今の自分が存在していると確信が持てる女性になった」ということでしょうか?

 

見てしまった!!元カノが秘密にしてた過去はデリヘル嬢だった1124-3

 

 

現在、風俗嬢として頑張っている女性達に一言!!モノ申す

「失うものあります」が「風俗をしていても、たくさん得るものはあります。」ので

世の男性を楽しませてください<m(__)m>

 

 

 

 

 

 

③H!過ぎる 裏技・秘技 最近の40歳の 風俗嬢 は

このシリーズも第3弾となりました。

今回は、H過ぎるを超えて エロ過ぎる

エロ!過ぎる 裏技・秘技 最近の40歳の風俗嬢は・・・・。です。

 

 

世間一般では40代の女性と言えば、専業主婦が多いと思いますよ。

世間を騒がせているのも 美魔女 40代の女性かもしれませんね。

『不倫』この言葉がぴったりはまりそうです。

 

結婚をして10年~20年ほど、子供達も大きくなりあまり手がかからなくなり自分の時間が持てる時期だと思います。

パートやアルバイトで小金を持ち心にもちょっと余裕が。

時間を持てあましてる人妻(主婦)は、リッチなホテルのレストランでビュッフェ(buffet)を、おしゃれなカフェで『ママ友とつるむ』それが、一般的な過ごし方です。

 

ここからが問題なんです。

 

『友人・知人・同僚』と過ごす分はまだ安心ですが、脱線する人妻は前から『不倫』に関心があります。

出産後、旦那には『女扱い』されなく抱いてもくれなくなり、男っ気がまったくない生活が続いてます。

昼ドラを見ながら一人寂しくあそこに手が・・・。

 

 

(セックスしたい・・・したくてまたらない・・・。咥えたい・・・舐めて欲しい・・・乱れたい・・・でも、セックスもご無沙汰してる・・・。)

 

 

・【たまに来る宅急便のたくましいお兄さん】

・【口のうまい営業マン】

・【出かけた場所で男性店員】

・【等、出会いの場所】は多数あります。

 

普段から『女性として扱われていない旦那に不満』があるから、他の男性にちょっと優しくされ、

何度か顔を合わせるうちに、笑顔で話せるようになる頃に『一度、お茶でも・・どうですか?』

と誘われると

 

『私に気があるのかしら?』と頭にの中に住み着き、勘違いや錯覚です。

 

その彼を思い出しながら・・・・・。

性への目覚めが・・・・。旦那と子供を送り出したあとは必ず

オナニーを。隠し持ったミニローターや電マ、バイブレーターを片手に・・・・・。

 

 

そこから始まるんです。 風俗嬢への道が出来てしまうんです。

 

なぜなら、女性は『 白 or 黒 』が早いんですよ。

『もう旦那とはSEXできない』と思い込んだら外に目が向きますからね。

そこに知り合った男性に『一度、お茶でも・・どうですか?』なんて言われたら・・・・・。です。

【 不倫 】が始まります。

 

その後は、家庭を忘れ自分だけの事だけ、TVドラマでもおなじみの

『私、このままでいいのかしら・・・?』です。

 

パートで稼いだ小金も、洋服やコスメなどに使い地味な主婦から色気づいた人妻へと変貌です。

そんな事を続けていると、

以前からSEXレスですから

  ↓

家庭不和が始まり

  ↓

家庭内別居

  ↓

結果、子供を連れて離婚が目に見えます。 😳 

 

離婚後は、シングルマザーの貧乏な生活が・・・脱失をかけて高収入の仕事を探してもほとんど無く、

『背に腹は代えられない』で 風俗への道に転落です。

 

 

SEXレスが長かった元人妻は【水を得た魚】のように 風俗業(デリヘル嬢・ホテヘル嬢・ソープ嬢)になってしまいます。

手間がかからず、お店に出勤するだけで、一般の主婦では到底稼げない高額な収入を得ながら、多数の男性と性的な関係になり、『私の天職かもしれない!!(^^♪』と    せっせと咥え 続けます。 😯 

 

仕事で男性とHな事をしていても、『SEXがない生活よりも全然いい!!』と反対に喜んでます。

ですから、40代の風俗嬢は性欲が凄すぎるんです!!。

お願いをしなくても体中を舐めまわしてくれます。自分の欲望を客にぶつけてるんですからねぇ。

サービスが  いいわけ  ですよ

 

 

私も経験がありますが、マジでエロイです。

・唾液をローションのようにして、私のアソコを縦横無尽に舐めてくれました。

 

 

・ねっとりした感じのフェラでいやらしく攻めてくれました。

・1回終わってぐったりしていてもまたフェラをし続けてきました。

・『私のを見てぇ~』って、目の前でオナニーをしてくれました。

など、エロイことを何でもします。

 

 

特に最近の風俗業界は【高級人妻店】が増え続けてます。以前であれば40歳代のおばさんにお金を払ってまで・・・と思いますが、今は逆にお金を多く払って・・・美魔女狙いが多いと聞きます。

 

20代の風俗嬢より

当然テクニックもあり、

男を喜ばせるツボも心得てるし、

世間話しも楽しいし、

店を通さずプライベートで会えるチャンスも多いし、

割り切りも簡単ですし、

言う事無しです。

 

車の中でもこんなことが出来ちゃいます。

 

街中を歩いていても とても綺麗な40代と思われる女性に目を奪われる事も多々に。

そんな綺麗な美魔女と「S〇Xできるなら全然OK!!」ですよね。